« 己丑(きどのうし) | トップページ | 開運運術 コンシェルジュ  »

2009/02/03

2009年シグナルコード

2009年もそろそろスタートですね。
日本の国のシグナルコードを描いてみました。


Photo_2


位置と星の色、つながりによって、その人の生き方がみえていきます。
位置によって色の意味も変わってきます。

今回シグナルコードは実千夜の「思いだし」から始まりました。過去からの恩恵ですが、始まりはピンクの子供たちからの発想から、オレンジの自分へ、黄色・・配偶者や友人を通して、過去を表現していきます。玄武の守護神・・・過去を今に解読していく役目。
過去を表現すること・メッセンジャー、よって未来が開けていく役目です。

イベント後
シグナルコードの作成に終われいていました。

今回からミニ鑑定もつけながら、
使命をほんの少しメッセージとして
添えました。

シグナルコードは
 シグナルパートナー(使命を果たす仲間・同士)
 シグナルメイト(縁ある仲間・共通の趣味や学びの仲間)
ソウルコードは、
 ソウルパートナー(家族や配偶者)
 ソウルメイト(魂の恋人・家族とは違う魂のつながり)

ミニ鑑定例・・・・・・・・・・・・・・

Aさん
 ピンク・・・無理のない、ゆったりと行きたいと思っています。
 オレンジ・・・愛情が豊かな人が好きです。
 黄色・・・品格とプライドを持ち、周りを浄化していく役目です。
  自分や先祖の力を得て動き、配偶者に愛情を与え、魂のを磨き、次  世代につなげる。未来への導き人

Bさん
オレンジ・・・若者や子供にメッセージを伝え、信頼を育む
 黄色・・・物事をはっきりさせて、働き者の伴侶を求め
 水色・・・物事をさまざまな方向から考え、学び
 緑・・・・学びを通して、友人を守ろうとし、目上からは独立していこうと思います。
 子供たちから始まり、過去や友人に流れていきます。過去を見つめるために子供たちが必要です。過去からの独立の人

Cさん
緑・・・マイペースな人生で、少々頑固。わが道を行きます。
オレンジ・・
愛情豊かな人を好きになり、部下・年下などに信頼関係を持とうとします。
つながっていないので、現実・今を生きる人です。現在の気づきの人

水色・・学ぶことから始まります。過去の意思を受け、先祖の恩恵を頂く
 緑・・守ってあげたい人が現れると、過去からの恩恵が流れる。
 ピンク・・緑が動き出すと、自己表現がスムーズに進み、未来につながる。
 過去からの恩恵をスムーズに運ぶのは、パートナー次第。自己は心理を追求し
 自己の内なる声から、答えを得ることが出来る。

 
日本国のシグナルコードの解説・・・
 始まり・・自分の内面を引き出す年になります。現実面で起こる現象をとらえ魂の内面が動き出します。内面にうごめくさまざまな思いが、吹き出てきますので、自分自身の内面をよく知って、生き方を見つめなおすときでもあります。
 共鳴するものとともに気が動き出しますので、同じ気の仲間が集まり、未来を動かすために、歩みだします。
真理を追究していくことも多く、関わる世界の中で、自分の本質に・大いなる力に霊性を高めることで、精神的指導者も多く現れます。

特別な指導者が現れるのでなく、同士や友、友人関係からの始まりからです。
教祖や特別なカリスマ性からではなく、すぐとなりのさりげない人が、大いなる力のメッセージを携えています。

今までの一人の特別な人でなく、多くの人の中に、大切なメッセージが
少しずつ分散され、その力が集まって、未来への橋渡しをします。
守護神の青龍の力をかりて始まっていきます。

配偶者や家庭・・自分自身の生活観に会う人を求めていきます。
憧れよりも、現実的、身近な人に気持ちが動き、地に足をつけて物事を選んで生きます。

未来にはまだ、葛藤があり、今までの自分自身の生き方が忘れられず、むなしさや、苛立ちが生まれてきます。
 定年を迎えた人たちが、活躍していきます。物事をはっきりさせたがるため、必要なものと不必要なものをはっきりさせ、淘汰したくなります。浄化の意味を持つので、激しいぶつかり合いや淘汰もあるので、各自自分自身をしっかり持って、生き抜く工夫も必要です。

最終的には、変わろうとする気が生まれてきます。
新たなる発想や、智恵、創造です。
 ひとつは、物事をより複雑に考え込むようになる人も多くなります。
  シンプルは大切なキーワードです。(シグナルカードがシンプルです。)
 もうひとつは、過去の智恵から学ぶです。
 

あなたは、このプロセツの中どのような道を歩みますか。
日本国の1年とソウルメイト・シグナルメイト・各パートナー
さらに、自分自身のシグナルコードの現れ方で、日本での
役割がみえてきます。

ミニ鑑定からさらにさまざまな人とのかかわりを、読み込んでいくのは
過去からの智恵を読み込むと同じです。
 2008年にシグナルコードの形が出来ました。2009年は、
日本国のコードメッセージあわせて、もうひとつの最終目標を目指していきます。

思い出しは、過去の仲間の結びつきを強固にします。
再開は、大いなる力の計らいだと信じています。
今年にお会いする人には、心から再会を楽しみにします。


Photo

|

« 己丑(きどのうし) | トップページ | 開運運術 コンシェルジュ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71192/43943823

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年シグナルコード:

« 己丑(きどのうし) | トップページ | 開運運術 コンシェルジュ  »