« 2009年シグナルコード | トップページ | 開運運術 コンシェルジェ & シグナルコード御案内  »

2009/04/04

開運運術 コンシェルジュ 

開運講座をわかできパソコン教室で開催しました。

新しい教室の生徒さんとの、コミニュケーションをかねて。
転勤して3ヶ月

3ヶ月目に、教室の新記録&パソコン事業部の最高記録更新を果たせました。
1ヶ月320万(本来目標220万)達成

パソコンのインストラクターと運術鑑定士との兼用
この生活も7年目を向かえ
兼用だから仕事が出来ないのでなく、
開運運術を広げていくために、勤めている教室は
常に最高の教室を描くことが必要だと歩んできました。

4回の転勤で、どの教室も新記録を出すことが出来
さらに更新していただけることの嬉しさを感じています。

結果を出さない、開運術では絵に描いた餅
幼児教育も子育て講座も、コミニュケーション講座も
理論と実践による、実証がこの世の中には必要だと想い
30年歩んできました。

今回教室も、全国で6位しかも、4名のスタッフで(実質3名)
数字を打ち上げました。一人は病気で、通常活動はなかなかままならない状態が半年

全国NO:1の教室は6名体制(380万)
この教室分析をしつつ、開運法を織り交ぜて、次の1歩を歩みます。
1位との違いは何なのか。・・・

開運には、当たり前の努力が必要です。
分析・計画・行動・創意・改善・笑顔・わくわく・クレームからのヒント

占い鑑定という立場で、現場に立ちながら、運気と人、実践を織り交ぜてコーディネイトしていきます。
新しいプロの相談役をコンシェルというようです。

運術コンシェルという結果を描いていく、人生プランナーであればよいなと思います。

開運運術には、人生の良き結果を導く方法をともに描き出すプランナーなのかもしれません。
今年も春を向かえ、新しい創造と実践をわくわくしながらスタートです。

4月26日には名古屋吹上ですぴま(スピリチュアルコンベンション)出店して
シグナルコードの普及に努めます。

シグナルコードは開運の第1歩
自らを分析して、開運のプランをともに描く
必ず結果を出していきましょう。

2冊目の本が出来ました。
前回中部経済新聞に掲載された、中部で活躍する女性達の思いを綴った記事を
書籍にしていただきました。次回ご紹介します。

次回は運術の本をそろそろまとめようかと思います。

運術鑑定士 実千夜

シグナルコードご希望の方は、メールにて・・・
   raku369@e-mail.jp

 


|

« 2009年シグナルコード | トップページ | 開運運術 コンシェルジェ & シグナルコード御案内  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71192/44560842

この記事へのトラックバック一覧です: 開運運術 コンシェルジュ :

« 2009年シグナルコード | トップページ | 開運運術 コンシェルジェ & シグナルコード御案内  »