« 開運運術 コンシェルジェ & シグナルコード御案内  | トップページ | 運術勉強会スタート »

2009/05/06

ジャック・アタリ氏 5つの波

フランスの経済学者J・アタリ氏が語る危機の核心と世界を襲う五つの波
5月5日、11:05‐11:49に総合テレビで放送のジャック・アタリ 緊急インタビュー
第2回 世界を襲う5つの波」のエッセンスを紹介

アタリ氏(Jacques Attali )は経済学者、歴史家、思想家でミッテラン大統領顧問を務め、冷戦崩壊後の91年に、東欧の経済復興を支援するヨーロッパ復興開発銀行初代総裁に就任、現在もサルコジ大統領政策立案に関与しています。アメリカの金融危機を4年も前に予測したことで、発言が世界の注目を集めている人物

5つの波


①アメリカ支配の崩壊 唯一の存在でなく、世界から撤退し、内向的になる。20~30年かかる。
アメリカに変わる国は、ない。
 (どこかが特別な時代ではなくなったのでは。)

②多極型秩序 
 G7/G20などがあるが、次第にまとまらず、あたらなる世界統治が必要。
金融危機の後に、協調の必要性がある。
(ドラえもんの宇宙会議のようなものかな・・・)超帝国・・・→超民主主義 
国家はグローバル市場に弱い 市場原理は強い。

③超帝国
グローバルな地球政府
市場そのものが帝国(保険・警察・福祉・金融・教育・・・)

今後・エンターテイメントが、世の中の暗さから目をそらし
 保険が、リスクから守る、シナリオがある。

人はテクノロジーに管理されてしまう。ある部分は監視も必要だが、監視の対象を物に限り
人への監視に、リスクが生じる。個人の情報に及んではいけない。個人の自由は守られるべき

④超紛争・・・エネルギー不足・武器の開発・海賊などに進む傾向がある
この第4の波を防ぐには、今私達がすべきことがあり。

ノマド・・・遊牧民族
 ①超ノマド・・・どこまでも自由に豊かに移動できる人々。現在5000万人未来でも30億人
 ②下層ノマド・・・生きるため国と国とを移動する 55億人
 ③バーチャルノマド 仮想世界に住む人々 テレビゲームなど。

第5の波の中で、超民主主義
  ~利他主義~他人を援助すること。
人を援助し、喜ばせる。2060年にむけて
   
トランス・ヒューマン 他人の利益となる働き
新しいエリート 他人を愛する博愛の精神をもつ、グローバルな政府を築いていく人々、マザーテレサやビルゲイツのように。

チームスピリットこそ博愛。若者の団結。

この波は、順番に押し寄せるのではなく、時に同時におこうることも。


博愛・団結の精神
 ①イデオロギー 博愛精神からの団結
 ②株式の消滅。
 ③グローバル政府確立  以上  メモをまとめてみました。

実千夜・・・・語録

トランスヒューマンを考えていく必要があるのかもしれなし。
各自が持っている、知恵や技術をいかに、周りの人に役立てていくか。
トランス・ヒューマンを確立していくことで、人々が喜ぶ。人々が喜べば、企業も収益が上がる。
収益は、人々に還元していく。株という形でなく、現実的に物や、人力にて。

テクノロジー・アイディアを交換し、それが新たなる商品として、まわりだすのも必要だし
アタリ氏が言う、他人に病気になって欲しくないし、自分自身がならないためにも、病気の人を助ける
方法を共に共有する。

アイディア・智恵・経験の公開なのかもしれない。

少し、私が実践できるトランス・ヒューマンのあり方を、次回の勉強会で、話をしてみようと思う。
6月14日 会場は愛知県の予定。ホームヒーリングと開運運術 ・・・

|

« 開運運術 コンシェルジェ & シグナルコード御案内  | トップページ | 運術勉強会スタート »

コメント

遠路はるばる御来訪有難うございました。未来が良い方向に進んで欲しいと願いながら、細々とブログで発信しております。ご活躍ください。

投稿: coccolith | 2009/05/08 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71192/44923456

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・アタリ氏 5つの波:

« 開運運術 コンシェルジェ & シグナルコード御案内  | トップページ | 運術勉強会スタート »