学問・資格

2009/05/06

ジャック・アタリ氏 5つの波

フランスの経済学者J・アタリ氏が語る危機の核心と世界を襲う五つの波
5月5日、11:05‐11:49に総合テレビで放送のジャック・アタリ 緊急インタビュー
第2回 世界を襲う5つの波」のエッセンスを紹介

アタリ氏(Jacques Attali )は経済学者、歴史家、思想家でミッテラン大統領顧問を務め、冷戦崩壊後の91年に、東欧の経済復興を支援するヨーロッパ復興開発銀行初代総裁に就任、現在もサルコジ大統領政策立案に関与しています。アメリカの金融危機を4年も前に予測したことで、発言が世界の注目を集めている人物

5つの波


①アメリカ支配の崩壊 唯一の存在でなく、世界から撤退し、内向的になる。20~30年かかる。
アメリカに変わる国は、ない。
 (どこかが特別な時代ではなくなったのでは。)

②多極型秩序 
 G7/G20などがあるが、次第にまとまらず、あたらなる世界統治が必要。
金融危機の後に、協調の必要性がある。
(ドラえもんの宇宙会議のようなものかな・・・)超帝国・・・→超民主主義 
国家はグローバル市場に弱い 市場原理は強い。

③超帝国
グローバルな地球政府
市場そのものが帝国(保険・警察・福祉・金融・教育・・・)

今後・エンターテイメントが、世の中の暗さから目をそらし
 保険が、リスクから守る、シナリオがある。

人はテクノロジーに管理されてしまう。ある部分は監視も必要だが、監視の対象を物に限り
人への監視に、リスクが生じる。個人の情報に及んではいけない。個人の自由は守られるべき

④超紛争・・・エネルギー不足・武器の開発・海賊などに進む傾向がある
この第4の波を防ぐには、今私達がすべきことがあり。

ノマド・・・遊牧民族
 ①超ノマド・・・どこまでも自由に豊かに移動できる人々。現在5000万人未来でも30億人
 ②下層ノマド・・・生きるため国と国とを移動する 55億人
 ③バーチャルノマド 仮想世界に住む人々 テレビゲームなど。

第5の波の中で、超民主主義
  ~利他主義~他人を援助すること。
人を援助し、喜ばせる。2060年にむけて
   
トランス・ヒューマン 他人の利益となる働き
新しいエリート 他人を愛する博愛の精神をもつ、グローバルな政府を築いていく人々、マザーテレサやビルゲイツのように。

チームスピリットこそ博愛。若者の団結。

この波は、順番に押し寄せるのではなく、時に同時におこうることも。


博愛・団結の精神
 ①イデオロギー 博愛精神からの団結
 ②株式の消滅。
 ③グローバル政府確立  以上  メモをまとめてみました。

実千夜・・・・語録

トランスヒューマンを考えていく必要があるのかもしれなし。
各自が持っている、知恵や技術をいかに、周りの人に役立てていくか。
トランス・ヒューマンを確立していくことで、人々が喜ぶ。人々が喜べば、企業も収益が上がる。
収益は、人々に還元していく。株という形でなく、現実的に物や、人力にて。

テクノロジー・アイディアを交換し、それが新たなる商品として、まわりだすのも必要だし
アタリ氏が言う、他人に病気になって欲しくないし、自分自身がならないためにも、病気の人を助ける
方法を共に共有する。

アイディア・智恵・経験の公開なのかもしれない。

少し、私が実践できるトランス・ヒューマンのあり方を、次回の勉強会で、話をしてみようと思う。
6月14日 会場は愛知県の予定。ホームヒーリングと開運運術 ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/05

個性心理学認定講座

GWはいかがでしたか。

久しぶりにアドバイザー認定講座を開きました。2日間かけて12時間の規定時間を話していくうちに、さまざまな引き出しから言葉が出てきて、12時間で収まりきらないことが多く、後々のフロー講座で続きを行います。

いくつか新しい話題や事件、さらに参加者の質問などで、膨らみっぱなしです。
基本を話し終えると、脱力感に襲われますが、2日目に新しい人が、話を聴きたいとのことで
アトリエ訪問があり、さらに2時間ほど。次回別の日に予約していただくことにして、軽い頭痛で自宅に帰りました。

講座のまにまに、受講者のカウンセリングを入れていくので、ランチタイムや、ささやかの休憩、さらに1日が終わったときには、その家族で抱えている問題を見えてきます。その問題をどのようにしたいかは、講座を通して自分で見つけていきます。見つけていくというより、気づいていくような感じです。

2日目の帰りには、宿題の解答プランを持って帰りますが、解答は1つではないということです。
その方法も1つですよね。浮かんだ方法をまずやってみましょうか。というように。

参加者のキーワードを
講座を受講しようとする人は、何らかの動機があります。
☆仕事に役立てたい。
☆家族の関係を見直したい。
☆自分自身の人生を見つめなおしたい。
☆いま何をして良いか分からない。どこにいるか知りたい。

大きく分けると自分自身・家族・仕事
そこに絡んでくるのは、人間関係・経済面・健康面・精神面などなど。

またその背景に各自の生まれもった気質と後天的に身につけた仮面
仮面をいくら取り替えても、ほんとの自分はどこか満たされません。

さて、カラーシグナルテストを今回の茶話会で用意しました。

あなたは、色のない世界に一人旅立つことになりました。
ひとつだけ、首にリボンをつけたくまのぬいぐるみを持つことが出来ます。
何色のくまのぬいぐるみにしますか。
何色のリボンにしますか。7色から選んでください。

7色は。赤・ピンク・イエロー・オレンジ・ブルー・グリーン・紫
Kuma
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/11

心学・・良知とは

kidk2
10年前より多くの友人から読書会に誘われて出会い。
陽明学の本をまにまに
読んでいます。
 学ぶこと多く、今の時代のターニングポイントを
抑えているように思われます。

本日のページに
陽明学の文節に以下
ありましたので、みずからの反省とともに
ご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みずからの軽傲(人を軽視し、みずからに傲慢になること)
な点を知る事ができる能力
それこそ良知

伝習録

人生の最大の疾患(病気)は、傲慢の一事に尽きる

学ぶとは、ぜひともわが身に反省することです。
もし、わけもなく他人を責め立てるのなら、他人のあらばかり目について、
自分の間違いは見えないものです。
もしもわが身に反省することができると、
初めて自分にはたくさんの至らぬところがあることに
気がつくので、もはや他人を責め立てるゆとりなどないものです。

    良知は仁である。仁を持つかぎり、自分以外の人々の苦しみに
目を閉じるわけには行かない。

陽明・・・良知心学より
  
陽明学は
歴代首相の指南役 ・・安岡正篤氏より

「平成」という新号も安岡氏の考案の事実も。
書経の大禹謨より、「地平天成」
史記の五帝本紀より、「内平外成」
  「正徳が行われ、平和あまねく広く行われる時代」
    という願いがこめられている。

安岡氏は漢詩を学び、四書五経を素読し陽明学を学ぶ。
昭和58年85歳他界
 同年 細木数子婚姻
  詳しくは、陽明学入門  三五館
        著書:林田明大
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/25

ねこまうす

kuroneko-01
ラジオから聞こえるクリスマスソングを聞きながら
愛車を走らせ ねこまうすまでドライブ

http://www.santensho.net/link01.html

歌手:柴ようさんの不可思議なお店で
不可思議な集まり

今日のレクチャーの一こまをどうぞ。・・・

氷山はほんの少しを空中に出し
殆どが水中の中に

まだ見ぬ姿は、人間のまだ知らぬ可能性と等しく
自分の全体の姿を見ることなく

時だけを刻む
不可思議の世界で
魔法のアイテムを手にすると

まだ知られない自分自身をほんの少し
垣間見ることができる

魔法のアイテムを手にするには
トーテムを見つけ出すこと

魂の分身
それはあなた自身の旅の道案内

生きることの戸惑いのなかに、
まだ埋もれている自分自身を見出すために

人生の主人公は 
かならず共に歩み分かち合う動物達を
味方としています

ねこまうすの空間で
動物達との語らいをしばしお楽しみいただき
ありがとう御座います

| | コメント (0) | トラックバック (0)