日記・コラム・つぶやき

2009/05/14

阿修羅像 歴史は続く

今月のおのぼりさん 。今日のありがたさ・・
前回会えなかった阿修羅像に会い、帰りの新幹線で、満席状態の中、ある紳士が、席が開くよと、声をかけていただき、座ってかえることができ。三河安城にシーズー犬が いて、目が合ったのも嬉しい限り。そのままつれて帰りたい。ありがたい日でした。・・・・

本日のテーマ・・・歴史とは。
家系をつなげるとは、未来に希望を託す。
本人、良いとか悪いとかは、別として。
人類の希望は、引き継ぐ歴史。

個人の幸せと、家系の関係。阿修羅のごとく。
歴史もまた、多くの阿修羅。。200905131723000

歴史を見つめなおす。

・・・赤坂勉強は、草薙さんの運勢でした。
そこのかど(赤坂)の居酒屋で、のんで、店が終わったので、店主と従業員の女性とさらに飲みにいった。
 運が強い人は、しっかり飲みすぎて、寝てしまうか、店が終わった時点で帰る。

何故運が弱くなったか。彼の運勢の中で、30歳から変化の流れが始まり、 特に、家庭や家族のあり方が問われる10年に入った。 通常なら結婚して家庭を持つ時期。それが自然の流れ。その流れがままならない状態で、
警告が入る。精神が悲鳴を上げてくる。

運勢の中で、家庭の星がいくつもある方は、特に、家庭のあり方を真剣に考える必要があるのだが、
選択できない状態で、事件が起き、さらに病気にも成りうる。

運勢的に自然の流れでは、家庭を持つことが自然のようですが、それが消化されずに、事件が起きる。運勢の強さ弱さも関係してきます。運勢をよくするには、自分を知ることで、事件を未然に防ぐことが出来ますが、多くは知らないので、事件を引き起こす流れに。

インフルエンザが起きたなら手を洗い、うがいをして、マスクする。さらに、人ごみを避けるなど、リスクを回避する方法を考えますよね。

同じ転んでも、軽い怪我ですむ人と、致命傷の人。
酔っ払っても、寝込んでしまうだけと、大事になる場合と。

友人のむすこさんが、通りすがりで、刃物で刺されたらしい。
運が強かったのか、新聞に載ったものの、命に別状はなかった。
運が弱かったら、死にいたるほどの刺し傷。

昨日スタッフから、人をひいたと電話があった。
車のバック時、ご老人が自転車で、転んだらしい。顔面からなので、鼻血がひどい。
救急車で運ばれたが、ご家族の話だと、3度目らしい。運の強いご老人だったし、
スタッフも、運が強かった。
 
我が家も、自転車で事故もしばしば。軽症だが、警告には素直に耳を傾け、努力すべきだと、話し合った。

神様は、小さな石を遠くから落とす、気づかない人には、頭の上に落とす。人のせいにしている人は、自分に落ちる。運が弱くなる原因は、運勢の弱さと、本人の運を切り開く努力が必要。

人生にも、天の気【時】地の気【空間】人の気【縁】の流れを知ることで、未然に防ぐことも出来ます。またそこには、他人のせいにすることなく、自己責任において、努力することで、大いなる計らいがあるようです。大いなる計らいは、徳を積んだものに、与えられるようですが、
無理している人生は、徳を積んでも、バランスを壊していくようです。

肉体と精神のバランス。いい人が自分の器以上にしめたとき、バランスを壊していったようです。

特に今年は、忌神しかも、4月も忌神で23日もさらに忌神

大運・年運・月運・日運4つもの運気がそろうのも珍しいようです。
ここで修正をしないと、彼自身の生き方が難しくなるのかもしれませんね。彼には、家族が、必要です。今年中に是非と祈ります。

また、彼には
2つの顔のあり方について
A: いい人・韓国語
B: スマップの顔

2つの顔の妻
A:妻らしい妻
B:妻らしくない妻

・・6月14日の勉強会で詳しくお話します。 お楽しみに・・

☆もうひとつの研究は、一人娘に、婿養子をもらうか、嫁に出すかの課題でした。この場合は、両親の運勢も大切です。

家系を守るとと、幸せな結婚生活。このテーマも複雑でした。
子供いなければ、養子も家系の未来を背負う。
草薙さんの人生のテーマは、2つの顔。家庭と仕事の両方なのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は2つの研究のみだったので、上野に飛びました。
4時半には阿修羅展・・・日本の希望・歴史。

40分待ちでしたが、5時過ぎには行列はなくなりました。
先月、奈良に行ってすれ違いだった、仏像。
一体ずつに、ご挨拶をしてきました。

阿修羅は実に美形でした。凄く華奢で、阿修羅像の周りを、2周しました。3つの顔と、伸びやかな腕。幻想的な照明で、しばしうっとりしながら、上野を楽しみました。

精神的にも学術的にもとってもありがたい日でした。

歴史がブームなのは、過去を見つめることで、未来を創造すること。
地球が存続するには、未来があること。歴史が続くのは、私達が、未来につなげること。それは、自分の家族だけでなく、子供がいるいない別として、次への橋渡しをしていくこと。と、思いますが、皆様どうですか。

歴史を終わらせるのも、続けるのもひとりひとり。
マザーテレサが子供がいなくても、その志は、多くの子供たちにつながっている。

いいわけや、人のせいにしていくのは、私もまだまだ勉強。
改善すべき反省や、前向きな分析は必要。それを愚痴とか言い訳ととらえ、せっかくの
改善点をあなたの愚痴ととらえるのか、その意見を分析して、どのように前向きにとらえるかで、
試練は乗り越えられる。

愚痴もぼやきも我慢して、いい人を演じ続けると、器以上のものに達したとき、今回のような事件が起きる。
愚痴やぼやきを未来に続ける采配を持つものは、大きな希望がある。

愚痴やぼやきが言える家庭は大切。言った分だけ、努力し、行動し、結果を出していけばよい。
完璧でない世の中。さじかげんを間違えると、人の心を奪う。

阿修羅像が美しいだけに、甘美なものには、・・・・・でも、それに酔いしれたいのも、人なのかも知れない。
ご褒美くらいにしておこう。ご褒美は天か自分自身で・・・・人はしてくれないゾーーー200905101546000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

花より男子 ファイナル

6281
誕生日前後はあわただしく、疲労がピークに達していた。
膀胱炎や数日前やけどをして、そのやけどが少し化膿して、
炎症が起きた。

同じ炎症なので、膀胱炎の漢方薬をしばらく飲んだら、やけどからの、化膿も徐々におさまりつつある。ケガが続き、心も体もへとへとなのかもしれない。

本日は本の出版記念1周年のイベントだったが、肉体以上に
心が疲労していたので、気分転換で話題の映画を見に行ってきました。
長女の誘って。

旬の映画は今のメッセージがたっぷり入っている。

何も考えず、楽しく見ることが出来ました。
若さは、エネルギーですね。

ケンカも恋愛もエネルギーですね。
楽しいながらも、考えることがありました。

あなたの夢はなんですか。

仕事での夢
家族との夢
さまざまな夢をもち、その夢の中に誰が存在しますか。

夫婦であるときに、それぞれの夢を持ちながら、
パートナーとの夢も存在しているか。

夢は1つに限らないと思いました。
いくつかの夢を持って、生涯をかけてかなえていきます。

夢の中に友人でも、仕事仲間でも、家族やパートナー
描くことが出来ますか。

マザーテレサが、都会の中の孤独を、貧しい人たちよりも
悲しい事をいっていました。

貧しくても、ともに歩む家族や友がいれば、心は満たされます。

運術でも、幸福感は、友や家族とともに・・・
5つの徳があります。

福徳・・・仲間や家族との安らぎ、ともに楽しむ。満足感。
寿徳・・・心も体も健康。子孫繁栄
禄徳・・・必要な物・お金・人財を持つ
官徳・・・人のために尽くし、役に立つこと。
印徳・・・生涯学び、知恵や判断力を持つこと。

5徳を全て揃える人は少ない。
宿命にも完全にそろっている人は珍しい。

偏っていることが多く、多くあるものは、とらわれが多く。
全くない場合もあり、欠落する。

己を知るとは、自分を見つめること。自分を学ぶこと。

花男のファイナルでは、結婚前の二人の気持ちを確認するための、
キズナを、女神のほほえみ(ティアラ)であらわし、4つの石にメッセージをおく。1つはアメリカ・2つ目は香港・3つ目は南の島無人島
4つ目は ・・・・ 

無人島で、自己を見つめ、パートナーを見つめなおす。

忙しすぎる毎日、現在の人に必要なのは、何もとらわれない空間や時間で、自己を見つめなおすことなのかもしれない。

ミハエルエンデの、モモに時間泥棒をがある。未来のために時間を貯金しよう・・・未来のために時間は貯金できない。

空間と時間は、今ここに存在する。今、大切な人たちと分かち合う。
誕生日という人気を得た瞬間。単なる暦に、命が吹き込まれる。

空間という・・・天気
時間という・・・地気
誕生日・・・・・人気

花男もラストシーンで、新しい命で終わる。


PS/
ランチにフランス料理を食べ・・気分的に優雅に。
 帰ってから、寝室の掃除をした。


夜遅く長男が帰ってきて、晩御飯をだした。
ちょうど先輩とオムライスを食べたいと言ったところで、オムライスだ・・・喜んでいた。

イベントにはいけなかったが、我が家の幸福感を少し取り戻せたような気がした。仲間も重要だ。それは、家族という基盤があったからこそ。更に言えば、自分自身を大切にしてからこそかもしれない。

否定的なオーラに包まれると、心も体も傷だらけになる。

小栗旬クンも、松潤クンも、夢を与えてくれるひとつだったようだ。

旬な話題と、じゅんなこころ。名前にもメッセージが。
まおちゃんは。真実なのかもしれない。

嵐のコンサートを娘に頼もうかな。勢いはその場に立つともらえるから。

明日は東京日帰り講演会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/23

音霊とわんこの旅立ち

わんこが亡くなって
12回 日が沈みました。

脳死状態のわんこを腕の中で抱きかかえながら
もういいよと何度も繰り返して
肉体から旅立ったものの

見守る家族は苦しさで息をのみ
吐くことを忘れてしまったような

シルバーコードが切れるときに
魂の端を握り締めて手放すことがしばらくできず

初七日の御参りに 前回お会いしたAZAMIさんのCDを流しながら
出かけた。

おばあちゃんが、こころがやすらぐね。いい曲だねと。
亡くなって2日ほどは友人に頂いたミネハハサンの曲がかかっていた。

それからまだまだ息をするのが辛いときに
コスモスさんに送っていただいた、AZAMIさんのCDを2枚かけた。

AZAMIさんのCD

http://homepage.mac.com/emu0001/AZAMI/


音は不思議なことで、忘れかけた何かを思い出させる。

AZAMIさんの曲がいくつかHPに紹介されているので是非お聞き下さい。
12回目の夜を向かえ、握り締めた糸を離そうかと思う。

時計もあの日の11時前に止まって、今日電池を入れ替えた。
この12日間 時計が一回りする間
私達は、ここにあらずの状態

無口な長男も やっといくつかの苦しみを体験して、昨夜
声をあげた。息を吐いたのだと思う。

言葉に出来ないとき、音霊によって琴線がふれ、涙とともに
吐く息とともに流れ出す。

まだ少し気配がするわんこだが、3つ目のキャラクターがペガサスのわんこにとっては
自由に羽ばたける20070912234958


| | コメント (0)

2007/08/19

鹿児島の妖怪

鹿児島から夜行バスで帰ってきましたが、
生き返りのバスで、人間をウオッチング

時間は約12時間 その間4回の10分トイレ休憩
3時間ごとに起きるので、時折 どのような人が乗っているか
観察。

同じくらいの年齢の人なのか、もんぺに近い洋服で、
髪は三つ網、狭い椅子に、時折触れるなまあたたかさ。

行きも帰りもなるべく触れないように隅に体を寄せて、時々触れると、ふと硬直してしまう感じで

妖怪と共に過ごしたような感じでした。もちろん私も妖怪なのかもしれない。鹿児島までの夜行は東京夜行に比べると
不思議な世界に旅立つ気分でした。

トイレ休憩も人の少ない不思議な世界
そんな不思議世界への旅で、またまた不思議な整体士に会い、講座の後ふと治療を頼みました。

体に効きながらどこを治すか、どこに手を添えるかを読み込んで行きます。私はタダとどのごとく寝ているだけですが。

緊張をほぐされながら、最後に一通りの話をしてくださいました。頭のほうに手が行くのは、ヒーラーや特殊なことをやっている人の場合が多く、そこに手を当てると、特殊な人は通常でない過敏の動きをします。経験から話していただきました。

その部分に手が行き、まだ半分くらいしかつかわれていないと
言われました。以前も自分がOKを出してオープンにするだけでスタートが出来るよと10年前にタロットの先生、リーディングの方、御天画の先生、摩訶不思議な能力を持っている先生に言われてきました。

その直後に子供たちの問題が起き、しばしこの力は使うことを閉じてしまった状態で、5年ぶりに鹿児島に行き、直感で整体を頼みました。その答えが以前言われてことと同じだったので
久しぶりに再確認できたようです。

何のために鹿児島に自腹で妖怪バスに揺られて行ったか、
そのこと答えが見つかったような気がします。そろそろ、動き出したのかなって思います。

そんな時、30名近くの高校や中学の先生方の前で、久しぶりに
60分個性心理学を話しました。2度目の人は数名いました。その先生方が学校で実践してよかったので、再度依頼がありました。

霧島プロジェクトも8回。リーダーの先生が、本当に楽しく
飛んでいるようにはなしているよねって、言ってくださって、
私の天職ですからとなはし、その後天使の羽で飛ぶまわっているような感じだといってくれたとき、これから生涯この活動は続けようと改めて決意が出来ました。

ある先生が、君はみんなを楽しませる宴会係で、みんなが楽しむためにいつも飛び回っている、天女だといわれてことがあります。凄く可愛がってくださった霊能士の方でした。

時々呼ばれて、みんなの前で踊らされたこともありました。
10年も前のことでした。10年一回りして、再び妖怪バスに揺られ、メッセージを頂いたようです。

学校の先生たちが、サークルを作りここぷりセミナーをスタートしてくださることになりました。そして、先生方や父兄を巻き込んで、子供たちとの新しいかかわりを楽しみながら飛び跳ねながら展開していくことになりそうです。

まず、先生方が思いっきり楽しむ。楽しく舞台を飛び跳ねるように、みんなで素敵な女優や男優になれるように御手伝いすることになります。

鹿児島は何もかもがスタートが遅いそうですが、ここからスタートすると満遍なく広がるようです。その広がりを先生方が力添えしてくださることは、子供たちの笑顔がいっぱい広がることにつながります。

手弁当で何故鹿児島まで言ったのか、それも2回も
5年前はフェリーで、帰りに台風に出会い太平洋から
奇跡的に瀬戸内海を航行。

妖怪バスを楽しみながら、多くの出会いと感動をいただきました。夜行バスがついて、小さな古い銭湯によりました。
 千と千尋の世界のように。なつかしい何もない御風呂でした。地元のおばあちゃん達が集まって、湯に使ったりそこに寝転んだり。

道に迷い西郷さんにも会いました。夜中までレクチャーを頼まれ語りました。天職と適職、そしてこの地に心対話士を育成していきたいと。

きっと全国で一番早く夢がかなう地になるような気がします。
先生が楽しめば子供たちが生き生きしてくる。
子供たちに小さな種をまいていくと必ず一人一人の花が咲く
集めて心の花束を恩師や両親に送れたら、素晴らしい地域が出来る。

子供たちの育てた花は、先輩方への感謝の花束になって、その子供たちが、新しい子供たちに受け継ぐために。

ついつい熱が入って語ったので、家族に御土産も鹿児島を散策する時間も無く、ぎりぎりで食事をほんの少し取りバスに飛び乗りました。最後の最後まで耳を傾けてくださった先生方に感謝します。

ほとんど寝ない2日間の夜行バスでしたが、今は心ワクワクです。24時間テレビ鹿児島の駅も、大阪も駅も、そして名古屋も盛り上がっていました。

9:05欽ちゃんもゴールしました。なけちゃった。・・・バンざーい・・


霧島プロジェクト
http://mayitbe.blog78.fc2.com/

8月18日(土)第3日目
------------------------------------------------------------------
9:00 受 付 (県民交流センター:中研修室)

 9:15 セッション(11)
「人間関係を円滑にする」(個性心理学講座~動物占い~)
担当:山部三千代氏(愛知県:インストラクター)

10:15 休 憩

10:30 セッション(12)
「シェアリング」&「別れの花束」(SGE)
 担当:霧プロスタッフ

11:00 閉講式
  挨拶・連絡・役割解除

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/28

誕生日6月28日

060628_160459_m
誕生日デース。
バーゲンも始まったので、自分プレゼントを買ってしまいました。

夕方には鑑定が1件ありましたので、しばし瞑想と6人分の
関係性をじっくり見ました。

結婚の時期は大切なので、両家の両親と御二人の運気を昨日からエクセルで表にして、全体の流れから、お勧めの年を読み込みました。手書きもいいのですが、あれこれ直していくと、読みにくくなるので、相手の方にも渡せるように、わかりやすく
PCで落としていきます。

今回は相性・結婚の時期・相手の家系の因縁・両親・
エネルギー数・・・毎回盛りだくさんにしてしまいますので、
少しずつスリム化しなければと思いつつ、25年前の幼稚園教諭時代の大先輩ですので、つい話が弾んでしまいました。

私の場合は1日に多くの方は出来ませんね。じっくり話を聞くことから始まるので、鑑定と同時にカウンセリングも重要視しています。多くの方は、話を聞いて欲しい心理があるようで、
将来のことに悩むと同時に、今、何らかの心の問題を抱えています。もしくは、体が悲鳴を上げている状態。

このまま行くと、体か心がダウン寸前。いろいろな鑑定理由はありますが、まずは、相談者自信の現状把握が大切。
運勢を良くしたり、切り開くには、今の自分をきちんと見直して、自分の体や心の悲鳴に耳を傾けて、開放していくことが大切。幸せは、歪んだ体や心では受け止めにくいものです。

姿勢を正し、ほっとする自分のゆとりやいたわり。
心の糸をほぐしてから、これからのグッドタイミングを捕まえる方法を探します。


運勢鑑定を活用して、ライフプランを立てるのが面白い。

そうそう、以前保険会社で仕事していたときはたくさん入っていた保険。主人に生命保険をほとんど解約したので、私が死んでも何もないよ・・だからいつまでも出来る運勢鑑定の仕事を生涯のライフワークとしたと話したら、もっと真剣に勉強すればと言われて、まだまだ頑張れそうな気がします。

ライフワークは必要ですね。人生をかけて学び、それがまた仕事になる。仕事とは、必要としてくれる人がいるから成り立つ。必要とされている間は続けたいね。

江原さんのサポーターズに登録していたので、誕生日のメッセージが届きました。

<江原啓之からあなたへのメッセージ>

この世に生まれてくるたましいには、すべて意味があります。

誕生日を迎えた今、あなたが生まれてきた目的、
人生の意味をもう一度内観してみましょう。

あなたの人生は、あなたがつくっています。
運命もまた、あなた自身が決めていることを忘れないでください。

これからも、私とともに霊的真理を学び、そして実践し、
よりよい人生の旅を送っていきましょう。

お誕生日おめでとうございます。


・・・・・・・・

この世に存在する人は全て何らかのメッセージを伝える役目を持っています。鑑定する側もさまざまな人の意見にも耳を傾け、批判とかではなく、そこから何を読み取るかが大切かと思っています。私自身も鑑定をするに当たって、自分自身が余りにかけ離れないように、中庸であるように、多くの方々の本や、検定もしてもらいます。その中の共通点を中庸として、
自分を見つめ、時に反省し、さらに学ぶことは学び、歩んでいます。

このサイトを紹介してくださってるしえるさんを初め、まろちゃん、れっちゃん、多くの方々が足跡に残してくださったことに感謝します。皆様のサイトを拝見しながら、さまざまな考えかたや価値観も学ばさせていただいています。

今年は成果の年の誕生日。恩師・友や仕事、家族が宝だなって思います。54歳を目指して・・・じっくり土台を作って行きますね。ますますよろしく。

皆様に大自然と神のご加護がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/14

我が家の桜と心の動揺

070409_141801
庭の桜が満開になりました。先週土曜日ダウンして、ベットの中から庭の桜の花を1日見ていました。
毎年、寝室で桜の花見が出来ます。

新学期を向かえて、うきうきしている子と、新学年とのトラブルにさらにナーバスになっている子がいます。

うきうきぐみも、携帯を水没させ、10ヶ月の短い寿命の携帯に手御あわせ。
泣き泣き組みは、新学期に泣きながらかえって、泣き疲れで、横になっている子。
通信校の始まりが来週からだといって、パソコンの前に座っている子

三人の子供たちをこの10日間だけでも観察していると、
いまどきの子供たちの、テレビのドラマのように現実が見えてくる。

親はボランティア・・無償の愛・・・
子供たちと向かい合うと、自分自身の未消化な問題が、後になる。
子供には、時として、自分自身を捨ててでも取り組まなければならない問題が、
突拍子もなく、生み出されてくる。

先週いつものように耳の調子が悪くなり、胸の痛みとのどで、早期に医者いく。
風邪のピークは今週だが、おさえおさえ仕事をする。
帰ってくると、雛鳥(&雄鳥)がお腹がすいたといわんばかりに黙って、テレビに目を向けている。

風邪と遅くなった罪悪感と、残業つづきの日々。
どこかで、心がざわざわしていた。

14才の娘が、些細なことで、食事の途中で、部屋にこもった。
後から、そっと差し入れをする。

毎日・たたかれた・・今日もと、語る。
それは冗談の内にはいるか、イジメと感じるか、毎日たずねる。
娘の限界と私の限界で、学校を休ませる。
   腹痛ですので休ませますと、電話。 電話に出た人が、学年担当に代わる。
   腹痛で休ませます。・・・体調のことは、本人しかわかりませんが。今日はクレペリンですから、その時間でもこれないですか。

   私は、珍しく即座に無理です。と答える。

今の状態で今日は学校には、行かせたくない。
なぜなら受け止める側の私がボロボロだから。

今日はゆっくりして、明日いけるといいねというのが、精一杯。
私自身が一番登校拒否をしたい状態だから。仕事上それは、難しい状態だった。
私は仕事に行った。


14歳は、今日学校にいった。ボロボロになって帰ってきた。
私も仕事に行った。研修だったが、食事会には不参加。後半からボロボロになることが予測できたか。
案の定、涙が止まらなかった。

14歳は、背中を叩かれたという。冗談とも言えるし、いじめともいえる。
先生に言ってもいいし、言わなくてもいいという。

明日PTA総会が有るので学校に行く。
私自身のことも考えようと思うが。

私は仕事をやめることが出来る。
中学生はまだやめることは出来ない。
休むことは出来るが、長女のときは1年半休んで、彼女は、別の生き方を選択した。

経験者の彼女は、いま、妹のカウンセラー。
同じ痛い思いをさせたくない、高校はきちんと行かせたいという思いからである。

この時期をどう乗り越えさせるか。
私も、フォローしつつ、自主性に任せている。

長女のように全く行かないのではなく、昨年より、頑張っている。
踏ん張らないといけない時期がある。
強すぎず、弱すぎず、家族でこの時期を共に感じて話して、1日1日を積み重ねていく。

自分自身の問題は、また、別の観点から分析して、自分と向きあわなかれば、ならない。
仕事に家庭を持ち込まない。話すことはない。
ただ、家族の問題に向かいたいので、パートのままでいるが、
それを理解してもらえないのは、転機のときなのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

伝統 雅楽

岡崎市民会館で岡崎の小学生の雅楽と東儀秀樹氏のチャリティーコンサートが行われた。

東儀さんの演奏から始まり、子供達の雅楽・舞
若竹会の雅楽と幻想的な世界に引き込まれた。

日ごろの疲れからか、演奏が始まると心地よい眠りに誘われる。
音楽は体の歪みを治すように心も疲れも開放して、緩んで来る。

そのため、体と心が活気つくまで、しばし子守唄のように心地よい世界に漂う。
恩師宮下富美夫氏の演奏会でも、眠って良いですよ。
心が体が欲しているのですから。

ヒーリングという同じ世界で何かを始めようよといわれ、長野のスタジオにうかがう矢先に
天に召された。

それ以来コンサートに行くことをやめていたが、友人が出演するということで
何年ぶりか、足を運んだ。1部は子供たちの演奏 2部は三天翔の演奏 3部は東儀さんのコンサート

初めの数曲に夢うつつでしたが、子供の舞から、元気が出てきた。
三天翔の歌声にノリノリになって、東儀さんの翔・篳篥・竜笛を楽しみ
今回東儀さんは、舞にピアノに歌まで披露。
 ジョンレノンのイマジンを歌い、スマップの夜空の向こうを篳篥で。

サプライズには、子供たちとふるさとを演奏し終わった。
東儀さんが言うには、伝統・基本を大切にして、後は楽しく。
本当に楽しい、3時間以上ものコンサートでした。

静岡の大元堂の和田仙心氏をご招待して、4年後には声明と雅楽をあわせて
袋井で開催したいと申し出がありました。

5年ほど前大元堂の声明を御手伝いし、今回を機会に子供たちとの雅楽と
密教の声明・・・今から企画が始まります。

この数年間の封印が解けたのかもしれませんね。
久しぶりに体が楽になりました。また、面白い仲間が集まりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/08

振袖と2月4日

Fumi4

着物・・・娘を連れて着物を見に行った。
成人式までにはまだまだあるけれど
着物に触れて欲しくて、娘達に声をかけた。

いまどきの子供たちは、言葉使いも姿勢もどこか、自分がもてない。
3枚の着物を着付けてもらうごとに、姿勢がよくなり、表情がよくなる。

1枚目は、黒と赤の現代風のオリジナル着物。二人がまず気に入った、人気の着物。
2枚目は、呉服屋さんが選んだ、エンジの着物。御手ごろな着物。
3枚目は、私が直感で選んだ赤の着物。手書きの金糸銀糸 赤のちりめん。1点もの。

現代の子供の心の流れを読みながら、
カッコよさや、今の日常のイメージの着物から
呉服屋さんの話をじっくり聴きながら、変化していく表情を楽しんでいた。

Fumi2
Fumi1
Fumi5

2時間近く、姿勢も崩れずに、彼女達も一生懸命聞いていた。

振袖は、ボロボロになるまで着こなしてください。
成人式前までに着物がなじむように。
金糸銀糸はしょうのうは入れないこと。
花嫁衣裳としても。
若い子は、黒や渋い色をカッコよく選ぶ傾向があるけれど、本当に生えるのは明るい色。
古典柄は、流行がないから30近くまでは着れますよ。もちろん女の子が生まれても・・・
着付けを習うのなら、・・・・
着物に穴があいても治します。送料だけ払っていただければ、御手入れもします。
・・・・同じ模様の着物は同じ地区に重ならないように、販売しています。

娘達以上に私のイメージが広がって、話に聞き入っていましたが、最終決めるのは
娘達。二人が共有するためにどの着物を選ぶか。

1sya
Saya4
Saya5

早い時期に着物を手に入れることで、娘達と成人式までに何をしていくかを考える機会になった。
美しいものにふれると、姿勢も心も変化してくるような気がする。
成人式だから買うのでなく、成人式までに、どのように歩むか。この着物を着こなしていくために、いまどきの子でありながら、日本人であることの意味をこの機会に考えることができたと思う。


帰り際に名詞を頂いた。何の肩書きもない、名刺だった。

自宅に帰りホームページで確認したら、その人が社長だった。
http://www.furisode.net/top.html 
一度、この呉服屋のある、京都に行こうかと思う。
池坊の頂法寺会館の同じ敷地内・・・六角堂隣。

2月4日は新しい年の始まり。成果の年のスタートの日に娘達と未来を手に入れたような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

ロータリークラブ 卓話会に招かれて

長男がセンター試験に行きました。

大学受験という雰囲気もなく、日々過ぎてきた我が家に、
テレビでセンター試験のニュースが流れると、なぜかそわそわするこころ・・・

こんなときに母をしているのかなって感じるのは、どこかのんきな私が
今ここに生きているのだと、感じるようなものです。

数日前、心のサプリメント ここぷりセミナーを 碧南ロータリークラブの卓話でお話させていただきました。
阪神大震災の12年の年月が過ぎ、12年前の炊き出しの話を冒頭に、命の話をさせていただきました。

詳しくは、会報に掲載されるかと思いますが、この1週間、長男の受験というよりも、どのような話を組み立てようかと、頭の中をさまざまな思いが駆け巡りました。
 なかなかまとまらず、最終には前日の夜中の3時までかかって原稿を書き上げ、おおよそのストーリーを描くことが出来ました。

68名近くの出席者で、しかも人生の大先輩ばかり。各有名な企業の会長さんを初め、名簿を拝見させていただくと、ワクワクの参加者でした。私の不思議なところで、人生をそれなりに成功し上ってきた方々と会うことは、昔から大好きで、20年ほど前から、各界の著名人の講演やパーティーに足を運んだことがあります。

舞台が大きいほど、ワクワクするのは、講演をするものとしては、嬉しい限りです。
ただ話の内容はと言われると、どのような内容が適切か、しばし悩むところです。

流れとして、
 ■阪神大震災での炊き出しに行ったときの、役に立ったこと。
 ■京セラの稲盛氏・イエローハットの鍵山氏との出会い
 ■楽日堂について。結魂書(遺言書)について
 ■相性の悪い主人とのよき関わりかた
 ■人生120年 宿命・運命・立命について
 ■運勢リズムの読み方
 ■人生のパートナーについて

駆け足で30分・・・中心は宿命は変えることはできないが、運命は変えることができる。
さらに運命は60歳までで、61歳からの精神の時代は(魂の時代)立命であること。
既に立命の時代に入った皆様方が、どのように人生を刻んでいくか、
また、よきパートナーを12人とは言わないので、6名は是非見つけてください。・・・
   
男性の参加者ばかりの中で、御手伝いしてくださった会館の女性の方が、終わってから最後に
私も調べてくださいと、声をかけてくださいました。

楽しい30分でした。参加された方がどう感じたかは、わかりませんが。
御一人でも、終わったときに声をかけてくださった方が見えたことは、嬉しく思いました。

万全の準備をして、後は思いっきりやるしかないという気持ちで、子供たちに帰って話しました。子供たちは御土産のオレンジケーキを食べながら。母の話を聴かされていました。

長男もまた、人生の勝負のとき。人生12回の大きな山場。その1回目なのかもしれません。
ローターリーの方々は既に6回7回と大きな山を越して来たと思いますが、
どこの山にも諦めずに生涯チャレンジし続ける方が、真の成功者なのかもしれません。

遺言書・・・結魂書・・・・今年1年をどう描こうかあらためて2月3日の節分まで、考えまとめようと思います。

有難いことに。この数年新年のご挨拶に御話をさせていただきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

鏡リュウジ氏トークショー

本日はイオン岡崎の鏡リュウジ氏トークショーいってきました。

数年前千葉大学のトランスパーソナル学会に論文発表で15分話をさせていただきました。そのときに1番前の席で、座って聞いてくださったのが鏡氏でした。質問のときに、ぼくはたぬきです。とお話いただき、終わってからも声をかけていただいたことが出会いでした。

あれから鏡氏は多くの雑誌や心理学関連、現在京都の女子大で日本初めての占星術学科の客員教授をされているようです。

星のワークブックを購入して、サインをもらう列に並びました。そのときに、お世話になったマネージャーさんにも会い、学会でのお礼を書いたお手紙を渡しました。その中に、シグナルカードも添えました。多くの方が見えたので、挨拶程度でしたが、再開できたこと大変嬉しく思いました。

10月20日には 12星座の恋物語が発売されるようですが、楽しみです。

私が、占いを真剣に学びなおそうとしたきっかけが、鏡氏でした。怖いもの知らずでしたので、その後、良いものは
きちんとベースを学ぼうと、そして、再開するときにはもう少し、ステージが上がれるようにと思いました。

かに座は11月24日までに新しいことに取り組んでおくと良いと言われました。今月末には出版のための原稿を提出します。写真も12日に撮りに行きます。23歳のときに人生のシナリオを書いたときに50歳までに本を出す、とあり、その一歩がかないます。来年6月には発売になるようですが。そのスタートの締め切りが11月前なので、ちょうどいい時期なのかもしれません。

良いメッセージをいただいても何もしなければ、絵に描いた餅状態。思い描いて、宣言して、行動に起こす。
今日はその報告のような気分で出かけました。

別れ際に握手をしながら、トランスパーソナル学会でまたお会いしましょう・・・・次回再び再開できることを夢見て、今出来ることをこつこつやっていきたいなと思います。

今日1日感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧